.
[PR]日本最大級
消費者金融比較

.
還付金詐欺に注意

還付金詐欺は、税金や年金の還付などに必要な手続きを装って電話し、ATMを操作させ、口座間送金により現金を振り込ませて騙し取る手口です。

事例1(社会保険庁職員を装った手口)

社会保険庁職員を名乗る男から

・年金の差額請求の手続きが未了である。今から年金の差額を支払うので、30分以内にATMが設置されている最寄のデパートかコンビニに行って欲しい。指示どおりにATMを操作してください。

・還付金があるので支払いたい。すぐに振り込むので、携帯電話、キャッシュカードを持ってコンビニに行き、こちらの指示どおりATMを操作して欲しい。

などの電話があり、預金口座に現金を振り込ませるというものです。年金問題が社会不安を招いている中、今後の続発が予想されます。

事例1(税務署、国税局職員を装った手口)

税務署職員を名乗る男から

・税金の還付金の払い戻しが時効になる。直ぐに銀行に行って、こちらの指示どおりにATMを操作してください。

・税金の過払い金が過去5年で3万ほどある。返金しますので金融機関に行ってから電話をください。ATMの操作方法を説明します。

などと電話があり、預金口座に現金を振り込ませる。

また、国税局収税課と印のある封書を自宅に送付し、電話による事案と同様、問い合わせの電話をかけてきた者に対し、現金を振り込ませるというものです。

【※注意】
国税局は白色封筒やゴム印は使用しない。(官名の印刷された茶封筒を使用)
国税局「収税課」という部署は存在しない。
国税局は、「返金」という言葉は使用しない。(還付という)
税務署が還付者にATMを操作させることはあり得ない。

この他にも、自治体(市町村)の職員やNTT、東京電力の職員などを装い同様の手口で現金を騙し取ろうとする事案の発生もあるようです。


~防犯対策HOME
Copyright(C)2006-2014
Mobiledoor,inc.