ドラマ

日曜劇場【テセウスの船】の真犯人は?勝手な感想と考察

テセウスの船ドラマの感想と考察だれが真犯人か?

今回もTBS日曜劇場いいですね。

【テセウスの船】

予告を見た時点では、人気の実力派の俳優さんを使っているけどちょっと暗い感じの地味な雰囲気のドラマだな〜という印象がありましたが、

始まってみれは回を追うごとに引き込まれていく内容で面白いです!

竹内涼真さん、鈴木亮平さんなどの演技もすごい。

映像も美しいです。

そしてお話の展開が早く毎回見逃せないものになっています。

毎週続きが気になるドラマですね

 

テセウスの船とは何か?

テセウスのパラドックス(ギリシャ神話より)

テセウスはギリシャ神話に出てくる伝説上の人物です。

テセウスがアテネの若者と共に帰還した船には30本の櫂があり、船の修理のため朽ちた木材を徐々に新たな木材に置き換えられていったとき、全ての構成要素が置き換えられたならばその物体はもはや同じものと言えるのか?

同じものではない、いや同じものであるとう「同一性」の問題から、テセウスのパラドックスとも呼ばれるそうです。

第1話の最初にこのテセウスのパラドックスのメッセージが出てきたので一体どういった内容のドラマなのかな〜と興味を持ちました

原作は漫画

「テセウスの船」は同名の漫画が原作(東元俊哉によるり講談社発行の漫画雑誌『モーニング』にて連載された)となっているようです。

私は漫画を読んでいないので内容は全く知りません。

情報によると原作の漫画の内容とは少し違うようですね。

ネタバレされたくないので原作の内容は調べずにドラマを最後までみたいと思います

 

ドラマ【テセウスの船】考察

あらすじ第1話より

生まれる前に父・佐野文吾(鈴木亮平)が殺人犯として逮捕された主人公・田村心(竹内涼真)は、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。

人目を気にして笑うことも許されなかった人生。しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。
そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。
過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。

父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか?
心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。  (あらすじ引用:TBSテセウスの船公式サイトより)

 

かなり重い内容で暗い話だな〜と思いますよね…

心の生い立ちは本当に暗い。

家族は辛い30年間を過ごしてきて、これがもし冤罪だったら…

真実が知りたくなります。

30年前にタイムスリップした父にあった心ですが、父の人柄や明るい家族を目の当たりにしてやはり父は大量殺人鬼ではなかったと信じるようになる。

父役の鈴木亮平さんの演技、登場の時はもしかすると殺人鬼なのかと思わせるような怪しい雰囲気で怖い感じだったので…実は…裏の顔があるのではとも感じさせますね。

 

第2話考察と感想

平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。
そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。
由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。
田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。
これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。
想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。(あらすじ引用:テセウスの船公式サイト

 

この回までは怪しいのは翼くんだったんだけど…

気味の悪い絵をノートに書き残したり、学校のウサギを毒殺したり…

女の子を誘拐したり…

同じ人がやったとしたら翼くんかなと

でも早速死んでしまいましたね。

もうすでにわからなくなった…

 

第3話考察と感想

 

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。
逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?
不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?
追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。(あらすじ引用:テセウスの船公式サイト

 

すごく懐疑的だった刑事の金丸。

もしや怪しいのはこいつか?

と思っていたのが、心が全てを打ち明けたところ心を半分信じて助けてくれるような様子を見せ始めた。

急に態度を変えるのはやはり犯人か?

とおもったらこの人もさっさと殺されてしまった??

ますます犯人がわからない…村の人がみんなあやしいってやつですね